ひたすら石こうボードを貼る

もうひたすら石こうボードを貼っていく。

ちょっと休憩

だいぶ進んだ。部屋が明るくなる。

壁と天井の境目は一番最後に、切れ端も使いながら仕上げると無駄が少ない。

と、中村さんに教えてもらったので残してある。

satoちゃんが出てきた小上がりは、中村さんが床を作ってくれた。

さすが!!

この上に、床板を自分たちで貼るつもり、あまり予算はないけど、無垢の木がいいね。

さらに、流しのスペースには、新しい壁ができた。

僕は、中村プロの壁の立て方をじーーっとみていたのだった。

垂直を出すひものついた重りは、下げ振りという道具だということを初めて知ったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

石こうボードを貼る

次の記事

駅のあと