石こうボードを貼る

壁と天井の古いボードを解体し終わったので、石こうボードを貼る。

インパクトドライバーで石こうボード用ビスを打ち込んでいくのだが…。

これが、なかなか難しい。

何が難しいかというと、

まず、ビスを入れる場所。

桟木のところにビスを打たないと、意味がない。

桟木は原則、45センチ四方で組まれているので、石こうボードにも鉛筆で線を引き印を入れる。

柱や窓枠があるところはそれに合わせてカットする。

で、打ち込み。

まず、天井から。この態勢がきついんだ。首がやられる。

で、ビスを時々桟木から少しずれたところに打ってしまったりして、そこからはカンで打てるところを探す。

大工の中村さんは、打てる場所を一発で見つけるけど。

僕らは、けっこう穴をあけまくった。

天井を貼り終えて休憩。首がしんどい。

手前に壁用の石こうボードが積んである。

天井用は9ミリ、壁用は12ミリ。

12ミリはなかなかに重い。

何かに当てると、そこが「ぼろっ」て割れるので気をつかう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です