床貼りにかかる

床貼りにかかる。

まずはトイレの小上がりから。

ここは、5ミリの薄い杉板を貼って、塗料を塗るつもり。

あまり接着剤は使いたくないけれど、ここに分厚い板を使うと床との段差がさらに大きくなるので…。

 

床職人という名前のボンドをぬりぬりして並べていく。

 

仮くぎをトントンと打つ。

小学生でもできる簡単な作業…のはずが、素子は仮くぎを何本も打ち損ねてひん曲げてかなり凹んでいた。

 

 

杉のいい匂いがする。

 

乾いたら、塗料を塗る。

 

塗料はこれ。

化学溶剤を使っていない自然系植物塗料。ドイツのリボス社の塗料。

亜麻仁オイルベースの塗料。

ケミカルはできるだけ室内から排除したいのだ。


 

色はチェスナットを選択。

小上がり部分だけだから0.75Lで大丈夫かな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

漆喰完了!!

次の記事

足場板を床に貼る