パテ埋め開始

天井のパテ埋め開始

後でわかるのだけど、これパテ盛り過ぎ。

で、サンダーの悲劇が待ってる。

中村さんに借りている足場板や脚立がないと大変だった。

助かった~

ありがとう、中村さん。

作業が見えてたんやね。

これはファイバーテープ。

パテを塗る前にせっこうボードの継ぎ目の凹みにこのファイバーテープを貼っていく。

継ぎ目の強度増しのためなのだけど…。

壁は漆喰を塗るので貼るとして…。

さて天井は??

ペンキ塗る予定だけど??

はて??

結局、貼ることにした。

ファイバーテープが足りなくなり、ダイシンやムサシ、コメリと探し回ったのだった。

作業時間をファイバーテープ探しで、どんどん使ったのだった。

モ〇〇〇ウがね、高いんですよ。

しかも天井のファイバーテープは、後でやらないほうがよかったと判明したのだった。

ペンキを塗るときは、強度を増す必要なんか考えなくてよかったんだ。

結局パテを盛りすぎて、後々サンダー掛けが大変になる羽目になったのだった。

しかも天井は凸凹に…

ネットの情報はうまく取り入れないといかんのだが、今回は難しさを痛感した。

吉野石膏のタイガーパテ。

漆喰の下地でもお世話になった吉野石膏。

奈良のあの吉野です。千本桜の。大峰奥駆けの。

そうこうしている間に、

床板の足場板(ここだけ読むと意味わからんね)が到着。

床板は古材なのだ。元足場板の杉板。

一番上の板は裏返しになっている。

その下にいろんな顔の板がかくれている。

こんなのや、あんなのや…。

塗料がついてたり、番線の跡があったり…。

ええ感じ。

接骨院の中まで運んでくれた佐川急便の配達員の方、忙しいのにありがとう。

その方とは後になんとひょんなご縁で知り合いになるのだ。

不思議なもんです。

おっ、今日は誕生日だった。48歳になった。

アラフィフまっしぐら~。

晩御飯はコロッケだー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

床は足場板に

次の記事

ひたすらパテ埋め