サトちゃん

泥の中からサトちゃん救出。

どこから出てきたかというと…

奥の小部屋の壁をこわしていく。

トイレが出現。

この床が少し小上がりになっていて、たぶん配管の都合なんだろうけど。

最初は壊すつもりはなかった。そのまま使おうかと思ってた。トイレも。

でも、壁の中から泥がぐいぐい出てきていたことと、

大家さんの奥さんが、

「掃除しても掃除しても、なんか匂うのよね。」

と言っていたことがずっと引っかかっていた。

奥さんの言われた「匂い」は、あの泥の匂い。

地震直後半年以内に被災地を訪れた人はみんなわかると思う。

津波の泥のあの匂いだ。

工事の予定にはなかったのだけれども、大工さんの中村さんに

「中村さん、この小上がり剥いでしまっていいですか。」

と聞いてみた。

中村さんはすぐに

「いいよ。ほい。」

とバールをよこしてくれた。

で、小上がりの床をめりめりっと剥ぐと…

まだ、湿っている泥がいっぱい入っていたのだった。

少し時間がたつと表面がさっと乾いてくる。

そして匂いが立ち込めてくる。

よかった。開けて。

津波に耐えたこの建物を直している気分になってきたのだった。

泥をほうきで吐き出していると、何やらオレンジ色のものが見えた。

サトちゃんだ!

記憶がよみがえる

こんな☟

子どものころ薬局の前にあったサトちゃんムーバー。

昭和やなあ。

泥の中から救出したこの子は、

サトちゃん指人形。

救出したサトちゃんを、きれいに洗ってあげた。

足の中と鼻の中の泥はとれんかったけども。

鼻にちょっと黒いのが透けて見える。

接骨院ができあがった暁には、カウンターにいてもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

窓が出てきた

次の記事

新しい石こうボード